« 独自の見解 | トップページ | ブログお休みします »

2012年8月10日 (金)

祈念するサッカー男子の銅メダル

 サッカーのロンドン五輪、メキシコ対日本は少しだけ見たら寝ようと思っていたが、いきなり大津の先制ゴールが決まり、「いけるのではないか」と思い、歴史的瞬間を見ようとそのまま見続けてしまった。
  五輪前の評価は最低だったともいえるこのチームだが、快進撃をしてきたので、やってくれそうな予感がしていた。

  しかし、結果は3-1で惨敗。
  永井は怪我の影響か、これまでの試合のような迫力のある前線からのチェイスがあまり見られなかった。相当、足の状態は悪いのではないだろうか。永井が本調子ならと思った人も多かっただろう。メキシコにとっては永井を負傷させた選手に感謝というところか。
  だが、それだけではなく、堅守を誇った守備陣のミスが目立った。
  徳永はどうして後ろから同点を決めた選手に張り付いていたのか。相手選手のポジショニングがよかったのか。ビデオからは分からない。コーナーキックで、後ろについていれば、そりゃ前で決められるだろう。足が出なかったのか。そうであれば、監督は早い段階で、サイドバックを1人交代してもよかったのではないか。フレッシュな酒井を左で先発という選択肢もあったはずである。
  もう一つのミスはキーパーの権田。どうして相手チームの選手がうようよいるのに、大きく蹴らずに、あるいは選手の押し上げを待たずに扇原の足下にボールを入れたのかわからない。扇原も、「エッ」と驚いたのではないだろうか。五輪の魔物なのか。本人も判断ミスを認めていた。
  自滅しては、技術の高いメキシコには勝てないのは当たり前である。
  監督の采配も迷いが見られた。
  前線に身長のある杉本を入れたのだが、時間がないので、パワープレイで行くのか、そうでないのかが見ていてもよく分からなかった。ドリブルが得意な選手を2人立て続けに投入した意図もわからなかった。采配の差が出たのか。
 3点目は仕方ないだろう。点を取りに行き、攻撃的になった結果である。2-1でも3-1でも負けは負けで変わらないのだから。
  まあ、サー・アレックス・ファーガソンでも采配ミスはある。

 今回の試合の失敗を活かして、銅メダルを獲得して欲しい。
   応援しているからこそ、批判もします。
   ガンバレ、男子サッカーU-23!!!

|

« 独自の見解 | トップページ | ブログお休みします »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/55384410

この記事へのトラックバック一覧です: 祈念するサッカー男子の銅メダル:

« 独自の見解 | トップページ | ブログお休みします »