« 読書日記8月6日 | トップページ | 香水 »

2012年8月 7日 (火)

遅刻

 遅刻が嫌いなことは前にも書いた。1分の遅刻を60回すれば1時間遅刻したことと同じであるし、5分遅刻して、10人を待たせたら50分遅刻したことと同じであるからである。
  公共交通機関の遅れ等やむを得ないことはあるが、心がけだけでしない遅刻も多々ある。

  私は現在、京都弁護士会の法律相談センターの委員長をしているのだが(他にも法曹人口問題を考えるPTの座長もしていて、委員長が2つである。2つ委員長をしているのは、あまり他に話を聞かない・・・)、法律相談の遅刻というのは、各弁護士が考えている以上に問題である。
  先日も行政の担当者から、委員長である私がおしかりを受け、丁重に謝罪することがあった。
    行政の担当者からすれば、遅刻なんて考えられないだろうし、ビジネスマンの世界で遅刻したら、それだけで仕事から外されるということもあるだろう。
    法律相談の遅刻は、その担当弁護士に対する信頼を下げるだけではなく、京都弁護士会が行政から委託を受けてしている場合には、行政への信頼、市民への弁護士全体の信頼も損ねることになる。
    遅刻があるとファックスが送られてきて、私はそれを見てまたげんなりするのである。
   ちなみに、私は17年間、法律相談で遅刻をしたことはない。
  心がけなのである。

|

« 読書日記8月6日 | トップページ | 香水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/55291346

この記事へのトラックバック一覧です: 遅刻:

« 読書日記8月6日 | トップページ | 香水 »