« 乗った瞬間に臭いタクシー | トップページ | 眠る小次郎 »

2012年8月29日 (水)

読書日記8月29日

「ザ・ロード」早川書房。コーマック・マッカーシー。
 映画化もされた作品。遅ればせながら購入。少し前に読んだ、「極北」と同じような世界観という話であったが(核戦争か何かで人類は大半が滅び、暴力が世を支配している)、こちらは極北よりもさらに悪い世界である。人が人を食い、その親の前で子を殺して食べるような世界である。
 その世の中を、冬が越せない寒さとなりそうだったため、乏しい食料と少ない銃弾を頼りに南へ向かう父と子の物語である。

「ナチの亡霊」(上)(下)竹書房。ジェームズ・ロリンズ。
 マギの聖骨という作品がまあまあおもしろかったので、その続編ということで購入。
 ノンストップアクションで、インディ・ジョーンズのようである。
 ただ、一作目と比較すると、やや物語がグレードダウンした感が否めない。
 

|

« 乗った瞬間に臭いタクシー | トップページ | 眠る小次郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/55515251

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記8月29日:

« 乗った瞬間に臭いタクシー | トップページ | 眠る小次郎 »