« 読書日記8月29日 | トップページ | 止めてないのに勝手に止まって乗るように促すタクシー »

2012年8月30日 (木)

眠る小次郎

Mini_120825_2318_2Mini_120826_1436 Mini_120826_2241 休みの日に、小次郎が爆睡していたので、三枚携帯で撮影に成功した。
 三枚とも、違う場面である。
 夏の暑さで犬もばて気味なのであろうか。
 横になって、エビのように寝ている。

 私の普段休みの日に持ち歩いているカバンに寄り添うように寝ているのが二枚目。

 三枚目は、私のスリッパを枕にして寝ている。

 舌を出して、まるで無防備である。

 こやつのどこに狼の遺伝子があるのか全く不明といわざるを得ない。

 人間と違って、犬は毛皮を着ているようなものだし、そのうえ、汗をかけないから、舌から水分を蒸発させて身体を冷やすしか出来ないのだから、暑いのであろう。
 

 節電で、冷房も28度にしてあるせいか。

 そういえば、少し前に鴨川の横の浅い流れで、水の中に入って出てこないラブラドールレトリバーがいて、飼い主さんが困っていたが、あれもやはり暑いからであろう。
 いくら飼い主さんが引っ張っても、「イヤ」という感じで微動だにせず、水の中に身体をつけていた。

 人間も当然暑いのですが。

 以上、小次郎でした。 

|

« 読書日記8月29日 | トップページ | 止めてないのに勝手に止まって乗るように促すタクシー »

コメント

待ってました!
とても男の子とは思えませんネ。

投稿: あき | 2012年8月31日 (金) 20時02分

 中々撮らせてくれないのです。
 撮らせてくれれば、もっと掲載出来るのですが。。。

投稿: 弁護士中隆志 | 2012年9月28日 (金) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/55515361

この記事へのトラックバック一覧です: 眠る小次郎:

« 読書日記8月29日 | トップページ | 止めてないのに勝手に止まって乗るように促すタクシー »