« ぼけてきたのであろうか | トップページ | テレビの推し »

2012年9月 5日 (水)

読書日記9月5日

「リトル・シスター」早川書房。レイモンド・チャンドラー。
 村上春樹訳の文庫本が出たので、ハードカバーは買って読んだのだが、文庫版を購入して再読。
 チャンドラーのマーロウものの長編は数が少なく、村上春樹訳はこれで3作目だが、あとの作品も早く村上氏によって翻訳されて欲しいものである。
 大いなる眠り、プレイバック、高い窓の翻訳が待たれる。出たら、すぐにハードカバーで買うんだけど。

「消すな蝋燭」出版芸術社。横溝正史。
 横溝正史の探偵小説コレクションの5冊目。
 新しく発見されたものや、増補改訂された作品などを中心に刊行されている探偵小説コレクション集で、全巻持っているのだが、横溝作品は全作読んでいるはずなので、購入してそのままつくねておいた。
 この中に収められている金田一耕助ものの「首」という作品が、増補改訂版ということで、それが読みたくて買ったのであるが、金田一耕助が出てこない作品もみな短編ではあるが読ませる作品である。角川文庫のほとんどの作品は既に絶版であり、主立った作品しか残っていないので、それ以外の作品が読みたい人にはよいと思う。
 金田一ものの、「鴉」という作品もいい。

|

« ぼけてきたのであろうか | トップページ | テレビの推し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/55565885

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記9月5日:

« ぼけてきたのであろうか | トップページ | テレビの推し »