« ラクトフェリン | トップページ | 弁護士の慣例 »

2012年10月 4日 (木)

読書日記10月4日

「大いなる遺産(下)」河出文庫。ディケンズ。
 上巻のスピードがやや遅かったので、下巻に入るのをグズグズしていたのであるが、下巻を読み始めて一気に読んでしまった。
 19世紀に書かれたとは思えない小説であり、小説として必要なものがほとんど詰まっているといえる。
 また、少し強調しすぎるくらいキャラクターの個性を描いているので、人物のタイプをかき分けているという点でも参考になる。
 ただ、読んでいて訳で引っかかるところがあったので、おそらく誤訳の箇所があるように思われる(原書には当たっていないが、小骨のように引っかかるので、多分そうである)。
 名作といわれる作品は読んでみるもんである。

 ほか、この間にビジネス書を一冊読んだが、何を読んだかは今回はナイショにしておくことにする。

 以上です。

|

« ラクトフェリン | トップページ | 弁護士の慣例 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/55796302

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記10月4日:

« ラクトフェリン | トップページ | 弁護士の慣例 »