« 雨の中のジョロウグモ | トップページ | 弁護士の慣れ »

2012年11月 1日 (木)

依頼者が無茶なことをいうときの弁護士

 中には、弁護士の仁義に反するようなことを言って欲しいという強い意向を示す依頼者もいる。普通は、「そんなことは弁護士として自分が恥ずかしいから出来ない」という、そして、その恥ずかしい理由も説明する。
 どうしても依頼者が聞かない時は、代理人を辞めるかどうかまでの話となることもある。

 中には、依頼者がいうからということで、平気で弁護士のスクリーニングをしないで無茶を言って来る場合がある。説得をしていないか、したとしても聞かないので、そのまま言ってくるのであろう。
 こういうのは、弁護士の仁義として恥ずかしいと思って欲しいのだが。。。
 あるいは、一本電話で、「依頼者には説得をしたのだが、どうしても聞かないので、ファックスさせていただきます。」という事前連絡でもあればよい。もちろん、依頼者には、相手の弁護士には言うよ、ということは説明した上で。
 こうしたことを言うと、先生は誰の味方かといわれることもあるが、依頼者のいいなりになって、依頼者の言うことに何のスクリーニングをかけないで仕事をするのは、弁護士の仕事ではないのである。
 実際、それで辞任した例もないではない。
 

 なんだか変な時代になったもんである。

|

« 雨の中のジョロウグモ | トップページ | 弁護士の慣れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/55998783

この記事へのトラックバック一覧です: 依頼者が無茶なことをいうときの弁護士:

« 雨の中のジョロウグモ | トップページ | 弁護士の慣れ »