« 日弁連からのファックスにイラッとした | トップページ | 電車に乗っていると »

2012年11月27日 (火)

読書日記11月26日

「社長は会社を「大きく」するな!」ダイヤモンド社。山本憲明。
 著者は税理士で、経営の規模を大きくすることに対する警鐘を鳴らす。
 前にも同じような本を読んで「なるほど」と思ったものだが、全く同じことが書かれていた。目新しいことはなかったが、経営規模を大きくすることへの認識を新たにさせられる。
 とはいっても、私の事務所は私を入れて7名の規模になってしまっていて、この著者のいう不必要な拡充をしてしまっているのだが。
 弁護士という業態と、また他の業態とは違うので、一言で7名となったのがいけないということではないとは思うのだが。
 資金繰りに悩む中小企業の社長には一読の価値ありの書。

「三國志 10」文藝春秋。宮城谷昌光。
  三國志の10巻。諸葛孔明が死に、蜀の国にも衰亡の兆しが見える。呉の孫権は英邁さがなくなってきて、侫人の妄言に耳を貸すようになる。
司馬懿が魏の国で台頭するが、彼の権力を快く思わない勢力も出てくる。
 人生を全うするのがいかに難しいかを、三國志の世界は教えてくれる。
 

|

« 日弁連からのファックスにイラッとした | トップページ | 電車に乗っていると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/56152822

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記11月26日:

« 日弁連からのファックスにイラッとした | トップページ | 電車に乗っていると »