« 電車に乗っているとⅢ | トップページ | 業務上エレベータに挟まれ死亡 »

2012年12月 4日 (火)

トンネル崩落事故

 トンネル崩落事故で、報道で知る限り9名の尊い命が失われた。
 これも報道によるのだが、安全確認は「目視」だったという。
 ボルトが抜け落ちた後があるということで、原因は「老朽化」という。
 中日本高速道路は、何をやっているのか。

 誰しも、トンネルの天井が崩落してくるなどと思っていないだろう。そんなことを予見して走っているものなど誰も居ない。老朽化しているトンネルであれば、高速道路の利益で当然補修等を行うべきである。
国交省は安全確認を指示したというが、この国の安全は、何かが起こってからしか確認されようとしない。亀岡事件を契機に、危険な通学路の見直しがされたことと同様である。
 今後の安全対策はもちろんのこと、被害者に対しては、徹底した賠償がなされるだけでは足りない。関係者の刑事責任も問われるべきであろう。
 また、最も安全対策をすべきところで、緩慢な確認しかされていなかった結果、利用者の命が失われることとなった。
 事実関係の徹底した糾明がなされるべきと考えるものである。

 亡くなられた方のご冥福をお祈りするばかりである。

|

« 電車に乗っているとⅢ | トップページ | 業務上エレベータに挟まれ死亡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/56244845

この記事へのトラックバック一覧です: トンネル崩落事故:

« 電車に乗っているとⅢ | トップページ | 業務上エレベータに挟まれ死亡 »