« 人の能力 | トップページ | 電車の中で12月21日 »

2012年12月20日 (木)

自分の…

 私のところの小次郎(パピヨン)は、少し前から、何かに驚いて突然ダッシュるするようになっていた。
 虫でも飛んでいて驚いているのか、あるいは、犬には人間には見えないような、聞こえないような何かを感じているのかと思っていた。

 しかし、少し前に私は見た。

 小次郎が、自分のオナラに驚いて走り出す姿を・・・。

 それ以来、静かな夜には、小次郎のオナラの音がしたと思うと、ダダダッと走り去り、自分の後方を怪しいという顔で見ている小次郎の姿を何度も見いだすこととなった。
 たまに、私の方を見て、「何かした?」という顔をしていることもある。
 私にしてみたら、いい濡れ衣である。
  尾籠な話で恐縮です。

 以上です。

|

« 人の能力 | トップページ | 電車の中で12月21日 »

コメント

先生の、こんな話が私は大好きです。
たま~にめぐってくるこのような話題のために、このブログを拝見していると言っても過言でないくらいです。
癒されます。

投稿: ふなまま | 2012年12月25日 (火) 22時55分

 ふなままさん、まじめな話題はなしでよいということでしょうか(泣)。

投稿: 弁護士中隆志 | 2012年12月28日 (金) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/56343505

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の…:

« 人の能力 | トップページ | 電車の中で12月21日 »