« トンネル崩落事故 | トップページ | 自分の手間を省くために電話で済ませる弁護士 »

2012年12月 5日 (水)

業務上エレベータに挟まれ死亡

 名古屋市中区では、業務上エレベータに挟まれて、まだ若い女性が命を落としている。
 これについても、事実関係と責任の所在を究明するべきである。
  また、兵庫県姫路市でも、男性の方が同様に命を落としている。

 過去、業務上エレベータに挟まれて亡くなられた事件を担当したことがあるが、エレベータの安全に対する事業者の認識は甘すぎるほどであった。
 また、搬入業者も同様であり、危険性に対する認識が甘かった。
 この事件は、数千万円の和解金を支払わせる和解が成立したが、金銭を支払われても、亡くなった方は戻って来ない。

 崩落事故といい、こうしたエレベーターの事故を見るにつけて、本当にこの国の安全に対する認識度の低さを痛感させられる。

 亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

|

« トンネル崩落事故 | トップページ | 自分の手間を省くために電話で済ませる弁護士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/56244871

この記事へのトラックバック一覧です: 業務上エレベータに挟まれ死亡:

« トンネル崩落事故 | トップページ | 自分の手間を省くために電話で済ませる弁護士 »