« 読書日記1月15日 | トップページ | ブラックバス釣り »

2013年1月16日 (水)

国造

 司馬遼太郎のエッセイか何かで、未だに出雲には「国造(くにのみやつこ)」がいるという話があった。
 謹賀新年の挨拶をするときに、知事といっしょに国造が挨拶を新聞か何かでするということのようであった。
 オオクニヌシの国譲りと、今の天皇家の先祖のニニギが日本国を譲り受けたことと、出雲大社と何か関係があるようなことが書いてあったかもしれないが、もはや記憶がない。
 世の中に知られていない門外不出の謎というか、代々受け継がれてきた歴史の秘密がそこにあるような気がする。
 私の記憶では、国造がいるのは、出雲だけであり、外では廃止されている。
 興味がある方は調べてみてはどうだろう。私はそこまで興味がないので、頭出しくらいしか出来ない。
 

|

« 読書日記1月15日 | トップページ | ブラックバス釣り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/56538274

この記事へのトラックバック一覧です: 国造:

« 読書日記1月15日 | トップページ | ブラックバス釣り »