« 無用の争いを産む書面 | トップページ | 国造 »

2013年1月15日 (火)

読書日記1月15日

「冷血(上)(下)」毎日新聞社。高村薫。
 高村薫の新作。どこまでも救いがない話である。ただ、ネタバレになってしまうので書かないが、現実の殺人事件からすると、やはり小説の域を越えていないという感がある。実際に人が死んだ事件をやっている弁護士からすると、生の事件と比較した時に、どうしても薄っぺらい印象がする箇所があった。これが高村作品といってしまえばそれだけであるし、物語を作る過程でやむを得なかったところもあるのだろうが、その点が不満であった。
 ただし、ただただ救いはなく、年末年始にかけてこれを読んだので、しばらく気持ちが沈んだ。個人的には、どうしても読まないといけない本ではないと思う。

「葬られた王朝」新潮文庫。梅原猛。
 古代出雲に、神話のオオクニヌシが築いた王朝は現実にあったということを論証しようとした作品。出雲で多くの銅剣や銅鐸が出土し、古代出雲には相当な権力を有する豪族がいたことが明らかになっている。
 カタカナでたくさん神が出てくるので、とても読みづらかった。
 細かい話はともかく、だいたいのところがつかめればいい作品ではないかと思う。

|

« 無用の争いを産む書面 | トップページ | 国造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/56538240

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記1月15日:

« 無用の争いを産む書面 | トップページ | 国造 »