« 弁護士の話し方 | トップページ | 依頼者への説明書面 »

2013年3月14日 (木)

ポイントを絞り込んでから末端に行く

 弁護士の話の聞き方であるが、ある程度依頼者の話を聞いたら、途中からはポイントを絞って、事件の中心部分を聞くようにすると話が早い。

 経験を積んだら積んだだけ上達するかというとそういうものでもなく、経験を積んだ分、細かい議論に入っていってしまい、依頼者からすれば、訳が分からないということにもなりかねない。
   まずは大枠で事件のポイントを掴んで、どういう解決がありうるかを説明する。その次に、細かい問題について聞いていく。
  そうしないと、依頼者は何が問題が掴めないであろう。

    意識していても私自身も中々出来ないので自省の意味を込めて書くのだが。

   以上です。

|

« 弁護士の話し方 | トップページ | 依頼者への説明書面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/56935016

この記事へのトラックバック一覧です: ポイントを絞り込んでから末端に行く:

« 弁護士の話し方 | トップページ | 依頼者への説明書面 »