« 自画自賛 | トップページ | 法律家としての緊張感 »

2013年4月10日 (水)

事件の筋

 受任した事件で、事実を曲げる訳にはいかないため、ある程度事件の筋というものが決まってくることがある。
 事実があいまいであったり、法的な問題で勝てる事件というのもあるが、受任した時に事件の筋を(ある程度)見立てて事件を始めるのが通常の弁護士であろう。もちろん、とりあえずやっているという弁護士も多いが。

 絶対に負ける事件を受けるかどうかという問題があるが、こちらから訴えを出す場合には、原則受任しない。
 訴えられた場合は、いろいろと主張することで和解出来る場合もあるので、これは敗訴が見えていても受任可能な場合がある。
 もちろん、受任する際に見通しを立てて、敗訴する可能性が極めて高いから、こういう和解を目指すということも説明する。
 しかし、主張というのは書いていると、何となくいけそうな気になってしまうもので、ことに依頼者は、「先生、これやったら勝てますやん」となってしまうことがある。
 その都度、主張ではこうは書いているが、裁判官の判断はこうはならないと説明するが、和解の時には依頼者が勝てるのではないかという気になっていて、和解しづらいことがあるのも実情である。
 「何か勝てた」「何か負けた」ではなく、ある程度筋読みして事件を受けて、自分が当初描いた範囲の中で事件が解決するというのが、その弁護士の力であると思うが、もちろん神ならぬ身であるから、時には想定の範囲を超えることもある。

 依頼者からどうなりますかといわれても、予測をいくつかいうことしか出来ないのが実情というところもあるが、ある程度やはり事件の筋は読んでやるのが本当だろうと思うのである。

|

« 自画自賛 | トップページ | 法律家としての緊張感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/57089138

この記事へのトラックバック一覧です: 事件の筋:

« 自画自賛 | トップページ | 法律家としての緊張感 »