« 法律家としての緊張感 | トップページ | 人をいじめるヤカラ »

2013年4月12日 (金)

自転車のサドルで

 先日、雨の日が続いた後、自転車のサドルをよく拭いて自転車に乗って通勤したところ、駅についた頃には、ズボンのお尻がぐっしょりと濡れていた。金田一耕助シリーズで、よく衣類が血でぐっしょりと濡れていたという表現があるが、まさに同じ状態であった。ただし、雨水でだが。

 私のサドルを駅の自転車置き場で強く押してみると、革製のせいか、雨水がしみこんでいたようである。一応、屋根があるところに置いてあるが、完全に囲われている訳ではないので、風が強く雨が吹き込んできたような場合には、サドルまで濡れるのである。
 

 朝からスボンのお尻がぐっしょりと濡れていても、弁護士は仕事に行かないといけないのである。着替えに帰っている暇はなく、濡れたまま事務所の椅子に座り、テンションが低い状態で仕事に向かった私であった。
 週末には、サドルカバーを買いに行こうと思っている。

 以上です。

|

« 法律家としての緊張感 | トップページ | 人をいじめるヤカラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/57095522

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車のサドルで:

« 法律家としての緊張感 | トップページ | 人をいじめるヤカラ »