« 電話対応 | トップページ | 事件の筋 »

2013年4月 9日 (火)

自画自賛

 私も自慢してしまうことはあるが、自慢話というのは、度を超えると、聞いている人もしらけてしまうものであり、ある程度のところまでで押さえないといけない。
 自慢話だが、起承転結があってオチがあると聞いている方もおもしろいだろうが、単に自分がこれだけ出来るとか、相手方がこれだけダメだったというような話は、聞いている方もあまりいい気はしないであろう。

 もちろん、聞き手にもよるところがある。若手弁護士や修習生からすれば、ベテランや中堅弁護士の自慢話は、聞いていて勉強になるであろう。
 聞き手によって話の中身を変えるというのも、また話術の一つだろうと思うのである。

|

« 電話対応 | トップページ | 事件の筋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/57089137

この記事へのトラックバック一覧です: 自画自賛:

« 電話対応 | トップページ | 事件の筋 »