« 物事がうまくいっているとき | トップページ | ヒグマ »

2013年5月15日 (水)

他人の自慢

 他人の自慢話を聞かされるというのは正直へきえきするが、それでも自慢話をしたい時には、相手の自慢話も聞かないといけないと思っている。互いに自慢話をしあって気分良くなるというならよいと思う。
 若手が事件解決の秘訣を聞きたいということで聞いていた時に自慢話をするというのもあるだろう。

 感心しないのは、儲けている弁護士が、「もうかってまっか」と聞かれた時に(本当はそんな聞き方しないけどね)、「儲かってます」という人がたまにいることである。
 こう言われた方は、普通はいい気はしないであろう。本当に儲かっていない人は「全然あきませんわ」というであろうし、儲けている弁護士でも同じようにいう人の方が多いであろう。

 人間には妬みやそねみという気持ちがあるから、ありのままを語るのも要注意というところであろう。

|

« 物事がうまくいっているとき | トップページ | ヒグマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/57366758

この記事へのトラックバック一覧です: 他人の自慢:

« 物事がうまくいっているとき | トップページ | ヒグマ »