« 出張 | トップページ | 控訴審 »

2013年5月23日 (木)

固定資産税

 固定資産税を算定する根拠となる不動産の評価は、3年に一度見直しがされる。
 今年は、見直しの年にあたる。

 不動産の評価は、一つ一つ取引価格を出すわけにはいかないので、課税するために、画一的に価格を出すことになる。これのために、評価の基準が定められている。
 この基準も時折見直されることがあり、不動産の価格が上がることがある。これは、新しい評価の基準に従えば、そうなってしまうということである。また、今までの評価の基準のあてはめの仕方を見直した結果、価格がドンと上がってしまうことがある。
 これに対しては、60日以内に異議の申し立てをして、固定資産評価審査委員会で審査の申し立てをすることが出来る。ここで、増額がおかしいとして、一部行政側の評価が見直されることもないではない。
 委員会の判断に異議があれば、訴訟提起ということになる。

 固定資産税を滞納されている人も一部にはいるが、不動産を所有している人は通常は支払うであろう。行政からすれば安定的な収入ということになる。
 判例時報などを見ていると、たまに処分が取り消され、価格が下がっているものもある。

 私はたまたまこの分野ではある行政の代理人をしているので、弁護士の中ではこの分野に詳しい方だと思う。
 そんな私も不動産を所有しているのであるが、やはり、税金を支払うのは嬉しい気持ちではない。何とか安くならないかと思うのである。

|

« 出張 | トップページ | 控訴審 »

コメント

固定資産評価替えは昨年(平成24年)のことではないでしょうか?

投稿: 関東の弁護士 | 2013年5月23日 (木) 15時14分

 そうでした。今年になって異議が出たりしているので、一年間違えていました。。。

投稿: 中隆志 | 2013年5月23日 (木) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/57435281

この記事へのトラックバック一覧です: 固定資産税:

« 出張 | トップページ | 控訴審 »