« 他の弁護士会を訪問して | トップページ | auがつながりにくい »

2013年6月14日 (金)

読書日記6月14日

「耽羅紀行 街道をいく」朝日文庫。司馬遼太郎。
 司馬遼太郎の街道をいくシリーズ。耽羅とは、済州島のことである。
 我々からすると、観光の島となっているが、司馬遼太郎が訪れた頃はそうでもなかったようである。
 司馬遼太郎の街道をいくシリーズは、単に紀行文ではなく、必ずその土地土地の歴史的背景に触れ、そして、遙かな過去に思いを馳せるところが読み継がれる理由であろう。
 済州島に行きたくなった一冊である。

「日はまた昇る」新潮文庫。ヘミングウェイ。
 ヘミングウェイが描いたロスト・ジェネレーション世代の生き様。
 あまりよくわからなかった作品であり、感情移入も出来なかった。
 特に、ヒロインとして出てくるブレットは最悪の女性で、こんな人が周りにいたら、寄りつきたくもないであろう。
 出てくる人物の中では、少しだけ出てくるハリスというイギリス人が好きである。別れに際して、彼は自分で巻いたフライ(毛針)を主人公らにそっと渡してくれる。
 私の読み方が甘いのかもしれないが、どうなのであろう。

|

« 他の弁護士会を訪問して | トップページ | auがつながりにくい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/57581438

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記6月14日:

« 他の弁護士会を訪問して | トップページ | auがつながりにくい »