« ブログやツイッター、そしてフェイスブックは手帳とか日記ではない | トップページ | 椿の花 »

2013年6月26日 (水)

読書日記6月26日

「ハードボイルド」ハヤカワ文庫。原りょう。
 著者は探偵沢崎シリーズで様々な賞を受賞したハードボイルド小説作家。遅筆であり、中々作品を発表しない作家である。
 だいぶ前に購入していた文庫本を思い出して読んだ。基本的にはエッセイである。
 チャンドラーに対する熱い思いを書いているくだりは、私もチャンドリアンの一人として、我が意を得たりという気持ちになって読んだ。早く、探偵沢崎シリーズの続編を書いて欲しいものである。

「羊をめぐる冒険(上)(下)」講談社文庫。村上春樹。
 村上春樹の初期の頃の作品ということで読んだ。やはり、わかりにくい。
 私がこれまでに読んだ村上作品には全て共通項があり、これもまたそうだった。渡辺淳一の作品もそうだし、書くテーゼというのはそう変えられないものなのか、とも思う。
 まだ未読の本もあるので、他の作品を読めば違うのかもしれないが。
 これだけ自由に日本語を操れれば楽しいだろうなとも思う。文章は流麗だが、話はわかりづらい。私の理解力不足なのだろうが、敢えて研究してわかろうと思うところまでにはならない。

|

« ブログやツイッター、そしてフェイスブックは手帳とか日記ではない | トップページ | 椿の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/57652402

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記6月26日:

« ブログやツイッター、そしてフェイスブックは手帳とか日記ではない | トップページ | 椿の花 »