« 生活出来ない弁護士 | トップページ | 東京のサラリーマンの鞄 »

2013年9月27日 (金)

飲み屋さんに来るカスのような客

 最近、お酒を飲みに行っても、表題のような客がいることが多くなった。

 これは、普通のお客さんがあまり飲みに行くことが出来ないようになり、わけのわからないカスのようなお金だけは持っている客層が増えたのかなと思ったりしている。私自身はそれほどの収入がある訳でもないので、時折のみに行く程度だが、こうした客がいると、その店に二度と行く気がしなくなる。

 そうした阿呆な客を放置する店側にも責任があると思うからである。

 ただ、こうした不況の時代なので、阿呆な客でも客だと思って、大事にするというのも分からないではない。
 飲み屋さんに行くのは、こちらも癒やされに行くためであるから、だからといって、そんなにまで気を遣って、嫌な客がいる店に飲んだり食べたりしに行く必要もない。

元々、行く店が少ないので、行くことの出来る店が減っていくのは寂しいことである。
そもそも、飲み屋さん等々で、他のお客さんに気も遣えないような人間は、店屋に入る資格がないのであるが、そうした客層の悪い客しか来なくなった店は、それだけでダメである。

|

« 生活出来ない弁護士 | トップページ | 東京のサラリーマンの鞄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/58249671

この記事へのトラックバック一覧です: 飲み屋さんに来るカスのような客:

« 生活出来ない弁護士 | トップページ | 東京のサラリーマンの鞄 »