« 読書日記9月4日 | トップページ | ライブビューイング »

2013年9月 5日 (木)

書籍代が嵩むこの頃

 最近、事件の調べ物をする関係で書籍を購入する機会が重なり、書籍代が嵩んでいる。
 事務所にない本があると、基本的に購入することにしているのだが、ある分野の調べ物をしたいと思うと、一冊ではなく、最低でも2、3冊は買うので、余計経費が嵩むのである。
 もちろん図書館などで該当箇所をコピーしてくればいいというやり方もあろうが、私は調べ物をするのが嫌いではないので、その分野の本は全部事務所に置いておきたいのである。
 個人の事務所としては、書籍は多い方であろうと思うが、それでも足りない分野の本があり、マニアックな分野の本であると、それほど売れないことが想定されるので、値段設定も高くなっていたりするのである。
 中には絶版になっているものもあり、中古市場で探すのだが、定価よりも高いこともしばしばである。
 福知山花火大会引火事故の関係で、火災の関係の法律書をのきなみ購入してみたが、けっこうこの分野の本は充実していることがわかり、あれもこれも読みたいと思い買っていると、けっこうな費用になってしまった。
 守秘義務があるのでかけないのだが、八月に引き受けたほかの事件の関係でも大量の本を買っている。
 これが結果に結びつくことを願って(結果がお金に結びつくこともあればそうでないこともあるが)、せこせこと本を読む日々である。

|

« 読書日記9月4日 | トップページ | ライブビューイング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/58092376

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍代が嵩むこの頃:

« 読書日記9月4日 | トップページ | ライブビューイング »