« 読書日記9月20日 | トップページ | また、悪夢のような事故が・・・ »

2013年9月24日 (火)

帝国ホテルのバー

 若い頃は出張に行くと、少しでも早く事務所に戻って仕事をしようと思っていたが、最近は出張に行って戻っても疲れていて頭が働かないので、せっかくなので出張ついでに何か楽しみを見いだすようにしている。

 先日は東京に行ったついでに、帝国ホテルのバーに寄った。時間は5時過ぎであったが、割合混んでいて、サラリーマンのような人がカウンターで一人で何人も飲んでいた。
 一度、ここのバーは行ってみたかったのである。

 ギムレットを頼むが、私が普段頼んでいるものとは全く違うものが出てきた。ころんとした氷がグラスに入って、そこに注がれるのである。クラッシュドアイスもない。
 味もイマイチである。
 その後、何周年記念かというカクテルを頼むが、これはただの桃のジュースのようなしろものであった。
 最後にウイスキーをロックで頼んだが、町中のバーと違い、私の目から見ると安物のグラスでロックを出される。
 ホテルのバーはこういう感じなのだろうか。

 バーの雰囲気はとてもよかったのだが、中身としては及第点にはほど遠かった。
 あるいは、私が何かまだ修行が足りず、分かっていないだけなのかもしれないが。。。

 以上。

|

« 読書日記9月20日 | トップページ | また、悪夢のような事故が・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/58249581

この記事へのトラックバック一覧です: 帝国ホテルのバー:

« 読書日記9月20日 | トップページ | また、悪夢のような事故が・・・ »