« 交通事故の加害者側代理人 | トップページ | ひとりよがり »

2013年10月31日 (木)

読書日記10月31日

「アンターグラウンド」講談社文庫。村上春樹。
 忘れてはいけない事件も、時とともに風化することがあるのが世間である。これは、地下鉄サリン事件の被害者に著者が話を聞いて、それを本にまとめたものである。
 サリン事件で殉職された営団地下鉄の社員の方の奥さんと、シンポジウムの席でご一緒したことがある。私もそのときはパネラーだったのである。あれはもう8年前になる。
 そのときに生の被害者遺族の声を聞いて、私もパネリストとして、弁護士としての立場からいろいろと発言したことを覚えている。
 時折、やはりオウム事件というのは忘れてはいけないと思い、本を手に取るようにしている。
 今回は、村上春樹のこの作品だったということになる。
 これは、被害者のことを知るために、また、サリン事件を忘れないために、長く読み継がれるべき本の一つである。
 770ページで、文庫本なのに1000円以上するが、それ以上の価値がこの本にはある。
 未読の方は、是非ご一読いただきたい。

「検察側の罪人」文藝春秋。雫井脩介。
 著者の最高傑作という帯があったので、購入してみた。
 設定に無理があるし、描写にも難があるし、ちょっとがっかり。
 法律家の世界にいなければ、おもしろく読めたかもしれないが、読んでいてしら~っとなった。
 しかし、購入した以上、全て読んだ。
 まあ、読まなくてよいですね。
 

|

« 交通事故の加害者側代理人 | トップページ | ひとりよがり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/58469331

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記10月31日:

« 交通事故の加害者側代理人 | トップページ | ひとりよがり »