« 博多の食べ物3 | トップページ | インフルエンザ予防接種 »

2013年11月18日 (月)

読書日記11月18日

「あじわい夕日新聞」朝日新聞社出版。原由子。
 サザンの原坊が朝日新聞に連載していたもの。桑田佳祐の闘病で一時中断している。自分の話題というより、桑田さんの話題の方が多いような気がする。原坊は、本当に桑田さんが好きなんだなと実感。サザンファンにはお勧めです。

「フォークナー短編集」新潮文庫。フォークナー。
 フォークナーは気になっていた作家であるが、まだ読んだことがなかったのでまずは短編集から読んだ。南北戦争後の白人による黒人差別や迫害が多く描かれており、こういう文学は初めて読んだので、「城」同様、一つの衝撃ではある。
 割合すぐに読めるので、お勧めである。

「とっぴんぱらりの風太郎」文芸春秋。万城目学。
 大阪の陣を舞台に忍者が戦う話であろうと思い読み出した。まあ、普通の読後感で、よくある話といえば話である。特に目新しいものはなく、歴史時代小説をたくさん読んでいる人には、読まなくていい作品かと思われる。

|

« 博多の食べ物3 | トップページ | インフルエンザ予防接種 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/58567509

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記11月18日:

« 博多の食べ物3 | トップページ | インフルエンザ予防接種 »