« 電車の中にて | トップページ | 最も暖かいダウンジャケットないしコート »

2014年1月15日 (水)

読書日記1月15日

「永遠の0(ゼロ)」講談社文庫。百田尚樹。
 現在映画公開中の原作で、著者のデビュー作。著者は探偵ナイトスクープの放送作家をされていたこともあり、デビュー作とは思えない完成度。
 ただ、人物描写が甘いところがあり(特に主人公)、そのあたりが改善点か。
 正直、この作品を読むと、原発の時の政府の対応を思い出す。
 日本は、現場の人間はものすごく優秀で、愚痴一つ言わず自らの仕事を全うしようとするが、トップがオバカばかりという歴史を繰り返している。
 そのことにも思いを馳せる1冊。お勧めの1冊。
 映画の主題歌は私の大好きなサザンの「螢」。ピースとハイライトのシングルに入っている。

「ペテロの葬列」集英社。宮部みゆき。
 宮部みゆきは現代随一のストーリーテラーの一人だろう。この作品でも、それが随所にあらわれている。
 誰か、名もなき毒の主人公が新たな事件に出会う本作品。
 悪が伝染するという主題で、書かれる作品。
 私が日頃接する事件のようなことを題材にしていて、そうしたことに対する警鐘作品でもあるのではないかと思う。
 冬の読書にお勧めの1冊。まだハードカバーであるが。持ち運びは大変であった。

|

« 電車の中にて | トップページ | 最も暖かいダウンジャケットないしコート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/58934064

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記1月15日:

« 電車の中にて | トップページ | 最も暖かいダウンジャケットないしコート »