« 他会よりの法律相談に関するヒアリング | トップページ | 読書日記3月12日 »

2014年3月11日 (火)

こんなことになりますよ・・・と言われても

 時折、事件の相手方弁護士から電話があり、「先生の主張だと、こちらはこういう手段に出ざるを得ないですが、そのことはご承知ですか。考え直すおつもりはありませんか。」などといわれることがある。
 こちらは弁護士であるし、それなりの経験も積んでいるので、そちらの考えることくらい当然考えた上で、それで事件を受任してるんだからなあと思いながら「当然承知していますよ」と答えるだけである。

 こんな質問をしてくること自体失礼千万であるし、「そんなことになるんだったら、大変ですから、撤回します」などとなるはずもない。こういうやりとりは、時間の無駄である。

 このテの代理人は、たいてい、こちらが相手がこんなことになるということに対して突っ込むと、そこまで詰めていないので、モグモグ言って終わりになることも多い。
 まあ、後は裁判所で戦うことになる。
 相手方代理人に対する口の聞き方も覚えて欲しいもんである。

 以上。
 
 
 

|

« 他会よりの法律相談に関するヒアリング | トップページ | 読書日記3月12日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/59252504

この記事へのトラックバック一覧です: こんなことになりますよ・・・と言われても:

« 他会よりの法律相談に関するヒアリング | トップページ | 読書日記3月12日 »