« 4月には電車などで人が増える | トップページ | えん罪と犯罪被害者 »

2014年4月 7日 (月)

ベストマザー賞を創設した人の裁判結果。

 以前、逮捕された時に取り上げたが、

「自宅で妻を殴って骨折させたなどとして、傷害罪に問われたNPO法人日本マザーズ協会(東京)会長森松伸治被告(50)に、松山地裁は24日、懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。協会は著名人から理想の母親を選ぶ「ベストマザー賞」を主催している。

 沢田博之裁判官は判決理由で「約4時間にわたり執拗(しつよう)な暴行を加えており、非常に危険」と指摘。「自業自得とはいえ、代表の地位を失うことが予想され、社会的制裁を受けている」と刑の執行を猶予するとした。

 判決によると、昨年5月26日、妻の顔や腹を殴ったり蹴ったりし、あばらを骨折させたほか、頭に打撲を負わせた。

 協会によると、森松被告は会長を辞任する方針。マザー賞は今年も開催する。」とのことである(以上、3月25日のMSN産経ニュースより引用)。

 逮捕時点では、もちろん無罪推定が働いていたが、判決が出たので書くが、言行不一致の見本のような人である。
 私は仕事以外は欠点だらけであるので、仕事以外のことは偉そうに言えないが、仕事上も気をつけよう。。。

|

« 4月には電車などで人が増える | トップページ | えん罪と犯罪被害者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/59410070

この記事へのトラックバック一覧です: ベストマザー賞を創設した人の裁判結果。:

« 4月には電車などで人が増える | トップページ | えん罪と犯罪被害者 »