« サッカーの指導者 | トップページ | LTE »

2014年5月23日 (金)

読書日記5月23日

「鯨人」集英社新書。石川梵。
 写真家である筆者が銛だけで鯨をしとめるという伝統漁をしているアジアの漁村に通い、その写真を撮ろうとした。しかし、中々鯨は現れず、4年かかって鯨をしとめるところをようやく撮影出来たというドキュメンタリー。
 すごい執念であり、その写真集が高い評価を得たのもよくわかる。
 好著である。

「炭水化物が人類を滅ぼす」光文社新書。夏目睦。
 炭水化物をやめれば今の人類が苦しんでいる糖尿や肥満が解消されるという仮説の本で、なぜそうなのかを進化の過程にまで遡って書いている。筆者の仮説だが。
 これを見て私も炭水化物を相当減量し、少し体重は減ったが、身体の調子が悪くなったのでやめた。合う人とそうでない人がいるようである。
 読み物としてもおもしろい。

|

« サッカーの指導者 | トップページ | LTE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/59669059

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記5月23日:

« サッカーの指導者 | トップページ | LTE »