« 数多くの弁護士と顔を合わせること(続・修習生の就職活動2014) | トップページ | 宴会にて »

2014年5月16日 (金)

思いついたら何でも書いて見る弁護士

 事件の相手方で、表題のような弁護士がたまにいる。
 単なる思いつきで、「とりあえず思いついたから書いてみました」ということで、論拠をついていくとまともな回答も出ずに、「いや、だったらけっこうです」とか「こだわりません」などとなる。

 裁判の場は、遊びの場ではないから、思いつきで書いてもらっては困るのである。時間の無駄である。
 争点を絞り込んで書証で裏づけをし、それで足りないところを人証で補うというのが民事訴訟のあり方であり、争点と無関係にグタグダと思いつきの主張を並べてみてもどうしようもないと思うのだが、何となく、「気づいたし、俺(私)賢いでしょ」とでも言いたいだけのような気がする。
 もちろん、賢くないのであるが。

 アマチュアのような弁護士は業界から去って欲しいと思う今日この頃である。

|

« 数多くの弁護士と顔を合わせること(続・修習生の就職活動2014) | トップページ | 宴会にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/59641488

この記事へのトラックバック一覧です: 思いついたら何でも書いて見る弁護士:

« 数多くの弁護士と顔を合わせること(続・修習生の就職活動2014) | トップページ | 宴会にて »