« 営業活動 | トップページ | ニホンウナギ »

2014年6月13日 (金)

読書日記6月13日

「世界と戦う読書術 思想を鍛える1000冊」集英社新書。佐藤優。佐高信著。
 世界と戦うための必要な読書について筆者らが対談する中で必要な本をあげていくというもの。どんな本を読んできたかということは、この手の本をいくつか読むと本当に違うので参考になる。
 私はこの手の本に出てきた作品を全て読もうとはとうてい思わないので、本の中で出てきた作品の中で、自分の興味を引いた本をいくつか買うことにしている。
 中には絶版の本もあるようで、買いたいと思ったが新書なのに中古市場で24000円の値がついていたので、購入を断念。

「頭がいい人はなぜ方眼ノートを使うのか?」かんき出版。高橋政史。
 表題どおりのノウハウ本。
 自分の頭の中で情報が整理されている人には特に必要はないと思う本。
 事件などで入り組んでいる事件や立証に困る事件などでは、今度方眼ノートを使ってみようかという気にはなった。

|

« 営業活動 | トップページ | ニホンウナギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/59787572

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記6月13日:

« 営業活動 | トップページ | ニホンウナギ »