« ある分野に詳しいとされる弁護士 | トップページ | 読書日記7月15日 »

2014年7月14日 (月)

懇意にしていた先輩の弁護士が亡くなられました

 先日、懇意にしていた先輩の弁護士が亡くなられた。まだ、63歳の若さでの病死だった。
 弁護士になってほどなく仲良くさせていただいて、独立後はたくさん事件を紹介してもらい、数多くの事件を共同でさせていただいた。
 私が今日あるのは、その先生に負うところが非常に大きい。
 私が今仕事で使っている背もたれ式のイスは、その先生が開業祝いに買ってくれたものである。使い始めて12年近くになる。一度壊れたが、高額なイスなので修理して問題なく使えている。
 そのイスを見ていると、その先生のことを思い出す。
 事務所に来るときには、気さくに事務員さん達に、ドーナツなどを買ってきてくれた。
 誰に対しても偉ぶらず、優しく、丁寧で、正義感の強い人だった。仕事が好きで、プロ意識の高い人で、病室でもノートに事件のことを書いておられた。
 今はただ、喪失感があるだけであり、本当に悲しくなるのはこれからなのだろう。

 19世紀の英国作家のウイリアム・M・サッカレーという人の言葉で、「愛してその人を得ることは最上である。愛してその人を失うことはその次によい」というものがあるが、今はよいなどとはとてもいえない。
 ただ、先生の仕事の姿勢を学んだ私からすれば、先生の死を乗り越えて、さらにいい仕事をしていかなければ、先生からどやされるであろう。

 今はただ、先生のご冥福をお祈りするばかりであるが、先生の仕事の姿勢を思い出して、これからも出来る限りいい仕事が出来るよう心がけていきたい。

|

« ある分野に詳しいとされる弁護士 | トップページ | 読書日記7月15日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/59964788

この記事へのトラックバック一覧です: 懇意にしていた先輩の弁護士が亡くなられました:

« ある分野に詳しいとされる弁護士 | トップページ | 読書日記7月15日 »