« しどけない小次郎 | トップページ | 電車の中にて9月1日 »

2014年8月29日 (金)

盲導犬のオスカー君

「埼玉県で7月、全盲の男性が連れていた盲導犬が電車内か駅周辺で何者かに刺されけがをしていたことが27日、県警などへの取材で分かった。訓練された盲導犬のため刺されても鳴き声を我慢したとみられ、犯行場所は未特定。インターネット上で「許せない」との声が相次ぎ、県警は器物損壊容疑で捜査している。

 武南署や男性の関係者によると、事件は7月28日に起きた。午前11時ごろ、さいたま市の男性(61)が職場に向かうためラブラドルレトリバー「オスカー」(雄9歳)を連れて自宅を出発、JR浦和駅から電車に乗り東川口駅で下車した。

 職場に到着後、同僚がオスカーのけがに気付いた。先端が鋭くとがったもので腰の辺りを2、3カ所刺されていた。手当てを受けて回復し、現在は元気に男性と生活している。」(8月27日の産経新聞記事より)

 本当にげんなりする事件であるとともに、犯人への憤りを禁じ得ない。また、吠えてはいけないと訓練されていたがために痛みにも耐えたこのワンちゃんのけなげさに涙が出てくる。

 うちの小次郎には賢さのかけらもないが、けなげであることは間違いない。
 純真無垢な犬が刺されても我慢していたところを想像するとそのけなげさに涙が出そうである。

 犯人はフォークで刺したのではないかと言われている。
 ハンムラビ法典の時代であれば、この犯人はフォークで刺されるであろう。

|

« しどけない小次郎 | トップページ | 電車の中にて9月1日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/60223482

この記事へのトラックバック一覧です: 盲導犬のオスカー君:

« しどけない小次郎 | トップページ | 電車の中にて9月1日 »