« 読書日記9月16日 | トップページ | 飛行機の中で泣き叫ぶ子ども »

2014年9月17日 (水)

札幌弁護士会との親善サッカー

 この連休は我が修習地である札幌にて、札幌弁護士会のサッカー部と親善試合をしていただいた。
 札幌は涼しく、快適にサッカーが出来た。
 20分を5本やって、私は3本出場。
 結果は5本トータルで8-1か7-1で京都の勝ち。
 聞くところによると、札幌のすごくうまい修習生と合格者が不在だったようで、こちらは修習生を4名連れていたので、その差も出たのだろうと思う。
 私はトップ下で3本出たが、なぜか相手のバックラインの裏を狙う球を43歳の私に走らせるという鬼のようなボールが何本も出た。
 少しは私の年を考えてもらいたいものである。
 たいした活躍も出来ず終わったが、まあ、若いものに混じってサッカーが出来ただけでよしとしよう。健康のためには激しい運動をしてはいけないというナグモ医師の説もあるのだが、それで長生きして何になるのかという気がする。やはり運動は気持ちいいし、サッカーは本当に楽しい。バーでベロンベロンになっていたH裁判官のように、56歳になっても現役で居たいものである。

 来年は是非、札幌のみなさんに京都に起こしいただいて、定期的に親善試合をしたいものである。
 札幌弁護士会の先生方、ありがとうございました。

|

« 読書日記9月16日 | トップページ | 飛行機の中で泣き叫ぶ子ども »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/60324116

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌弁護士会との親善サッカー:

« 読書日記9月16日 | トップページ | 飛行機の中で泣き叫ぶ子ども »