« 夕方以降留守電になる事務所 | トップページ | 読書日記10月14日 »

2014年10月10日 (金)

アマゾンのおすすめ商品

 法律書やほかの書籍を購入するときにアマゾンを非常に多く利用するのだが、購入した商品をもとに、「おすすめ商品」というものが出てくる。

 これをもとにして、法律書の関連書籍などが出てくることもあり、「おっ。こんな本もあったのか」ということで購入したり、たくさん買っている作家の新作などが出てきて便利ではある。

 ただ、たとえば歴史小説を買った場合に、その分野で、私が絶対に読まないと毛嫌いしている作家のものを勧めてくることがある。たとえば、北○○三の作品は生涯読むことはない(時間の無駄)と思っているから、勧められたくないのである(個人の感想です)。他にも、池波正太郎の作品を購入しているので、最近の作家が書いた時代小説をすすめてこられたする。しかし、池波正太郎の時代小説と、昨今の作家が書いている時代小説とは全く似て非なるものだと思っているので、勧めて欲しくないのであるが、これらが繰り返し出てくる。
 時々、煮詰まった時におすすめ商品について、「興味がありません」ボタンを押して正確にするのだが、また、すすめられるの繰り返しである。
 このお勧め商品に一つ注文をつけるとすれば、「この作家の作品は二度とすすめないで欲しい」ボタンがあればよいと思っている今日この頃である。

|

« 夕方以降留守電になる事務所 | トップページ | 読書日記10月14日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/60443142

この記事へのトラックバック一覧です: アマゾンのおすすめ商品:

« 夕方以降留守電になる事務所 | トップページ | 読書日記10月14日 »