« レ・ミゼラブル | トップページ | 検察官の調書 »

2014年10月 2日 (木)

とりあえず反論する弁護士

 若手の弁護士にたまにいるのだが、力が入りすぎているためか、あるいは「何か言わないといけない。何も言わないのは弁護士としてダメと思われるかもしれない」という考えから、共同受任している事件の関係で問い合わせをしたり、弁護士会の委員会で意見を聞いたりすると、どうでもいいような反論や指摘をしてくることがある。

 なんでもかんでも指摘していては、「またこの人、いつものように言うてるわ」ということで軽く見られてしまうと思うのである。
 普段は細かいことは言わないが、ここというところで持論を展開すると、「普段あんまり何も言わない先生がここまで言うからには」という気になるものである。
 もちろん、持論が正しく裏付けられたものがあるという前提であるが。

 若者よ、力の入りすぎはいかんですよ。

|

« レ・ミゼラブル | トップページ | 検察官の調書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/60408869

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず反論する弁護士:

« レ・ミゼラブル | トップページ | 検察官の調書 »