« 読書日記11月28日 | トップページ | 湯シャン »

2014年12月 1日 (月)

フィリップ・マーロウシリーズの新訳登場

 年末になると村上春樹翻訳のレイモンド・チャンドラーシリーズが出ないかと思い、時々早川書房の頁を見ていたところ、「高い窓」が12月5日に出版されることが分かった。
 アマゾンでも時々マーロウものが出ていないか探していたのであるが、これを書いている時点ではアマゾンでは予約も出来ない(表示もされない)。
 また、アマゾンで購入すると、発売日当日に届かないこともある。
 前日に大きい本屋であれば平積みにされるかと思っている。
 前日になければ、5日当日に何とか本屋に寄る時間が取れればと思う。

 6日には北部で弁護士会の一斉相談会の後、北部での法律相談の懇談会が実施されるので、法律相談センター委員長として、出席しないといけないので、道中で読むことが出来る。今読んでいる本はとりあえず棚上げである。

 これで翻訳されていない長編は、「プレイバック」と「湖中の女」だけとなる。
 残り2編も早く翻訳してくれないだろうか。
 マニアックな話題ですいません。

|

« 読書日記11月28日 | トップページ | 湯シャン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/60711991

この記事へのトラックバック一覧です: フィリップ・マーロウシリーズの新訳登場:

« 読書日記11月28日 | トップページ | 湯シャン »