« 緊張のICカード | トップページ | サッカーの階層制度 »

2015年1月27日 (火)

鼻血

 私は人生で鼻血を出したことがほとんどない(多分鼻を打っての鼻血以外だと、5回もない)

のだが、先日、事務所の男性K弁護士と朝出勤して事件の話をしていた途端、突然鼻血が出た。
 昔勤務弁護士の頃、電車を夜に待っていると鼻から何かがたれて来て鼻血が出て電車を数本乗り過ごしたことがあったが、それ以来である。
 K弁護士が私に殴りかかった疑惑が事務所内ではあったのだが、ひょっとしたら私も見えない速さで、「はじめの一歩」の真柴了並のフリッカージャブを私の鼻にくらわせたのかもしれない。

 鼻血に慣れていないので、正直うろたえた。事件でうろたえることはないのだが、鼻血にはうろたえて、事務員達に事務所内を拭いてもらう仕事を増やした。
 鼻血は20分ほどでおさまったのであるが、大人の鼻血は怖いという話もあり、金曜日の会合も出るのをやめて大人しく週末をしていたおかげで、今はもうどうもないのだが。

 1月は遠方などに日弁連の仕事で行ったり、事件を迅速に処理しないといけないと思い、力が入りすぎていたのかもしれない。
 身体に気をつけつつ、仕事に邁進する意向である。

|

« 緊張のICカード | トップページ | サッカーの階層制度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/61036252

この記事へのトラックバック一覧です: 鼻血:

« 緊張のICカード | トップページ | サッカーの階層制度 »