« 最近の小次郎 | トップページ | 法廷での態度 »

2015年2月23日 (月)

読書日記2月23日

「イスラーム国の衝撃」文春新書。池内愛。
 イスラーム国がなぜ立ち上がり、そして、それが歴史的にどう見るべきかを中東問題の専門家である筆者が一般人向けに書いた新書。
 非常にわかりやすく、冷静に情勢を分析してあり、私のような全く予備知識のない人間にも理解できた。
 現在のイスラーム国が成立した背景事情や歴史、その思想を知るには一般人向けには再考の書籍である。

|

« 最近の小次郎 | トップページ | 法廷での態度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/61173730

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記2月23日:

« 最近の小次郎 | トップページ | 法廷での態度 »