« 寝ようとした時に | トップページ | 最近の小次郎 »

2015年2月18日 (水)

豹変する弁護士

 普段は、物凄く丁寧で猫なで声で話す相手方弁護士が、期日で相手の不利な点を指摘したところ、突然声を荒げて、話しぶりも変わったということがあった。
 まあ、声を荒げられたくらいでびびるような性格もしていないし、よほど突かれたら嫌なところだったのねと思うくらいで、ふふんと思いながら聞いていたのであるが。

 こういうのは調書にとってもらえないだろうな。

 「これこれの点を●●代理人が指摘したところ、相手方代理人は声を荒げて、●●●と述べた。」

 などと。

 弁論の全趣旨で裁判所は判決の時に斟酌してくれないであろうか。

 この手の弁護士は信用できませんね。
 依頼者には丁寧でも、事務局に依頼者の前で怒鳴りつける弁護士とか。
 私は叱るのが嫌いなので、事務局や事務所の弁護士を叱ることも滅多にありませんが。

 一回声を荒げてみたいもんである。

 以上。

|

« 寝ようとした時に | トップページ | 最近の小次郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/61153631

この記事へのトラックバック一覧です: 豹変する弁護士:

« 寝ようとした時に | トップページ | 最近の小次郎 »