« 読書日記4月9日 | トップページ | 桜が咲きました。 »

2015年4月10日 (金)

中村利雄先生とお別れしてきました

 昨日、12時から中村利雄先生の告別式でした。
 中村利雄先生と最後のお別れをしました。

 40歳を過ぎたいいオジサンが、涙が止まりませんでした。

 昨年も、親しかった弁護士の先生が亡くなられており、その時と同じくらいか、その時よりも泣きました。

 酔うと居酒屋で靴下を脱ぐ中村先生。
 滋賀県近江八幡出身なのに、大学が早稲田だったので、少し東京の友達と話したり、東京にいると標準語になってしまう中村先生。
 居酒屋では芋焼酎の白波の水割りの梅干し入りを飲んでいた中村先生。
2次会で、スナックのママが身体を心配して薄めの水割りを作ると、すぐに察知して「薄い」と怒る中村先生。
 どんな事件の相談をしても、すぐに筋読みをして、方針をくれた中村先生。
 弁護士としてのあり方をいつも教えてくれた中村先生。
 私が日弁連の委員会で役職についたことを話すと喜んでくれた中村先生。
 だし巻きではなく卵焼きが好きだった中村先生。私と中村先生が通った居酒屋ではメニューにはだし巻きしかないのに卵焼きを作ってくれました。
 釣りに行って、雨を避けるためにブッシュの下に行って背中にヒルが入って血を吸われた中村先生。その時はアマゴが釣れず、次回は絶対に釣ると言っていました。
 釣りに行って、指を釣り針で引っかけて一番大事な時間帯に釣りが出来なかった中村先生。
 釣りに行って、釣れなくて文句を言って、寒いからといって私と一緒にたき火をした中村先生。
 ほとんどの人のことは、「君」というけど、私のことは時々「おまえ」と呼んでいた中村先生。
 酔っ払ってラウンジで、「中が大好きや」と告白してくれた中村先生。
 私の事務所の電気がついているから仕事をしていると思って、電話もせず事務所に来て、ドアをがたがたさせて飲みに誘ってくれた中村先生。
 私が既に帰っていると、帰宅途中の私に電話をしてきて、戻ってきて飲みに行こうと誘ってくれた中村先生。
 私の葉巻を2回に1回くらいの頻度でねだって吸っていた中村先生。

 もう中村先生には会えませんが、中村先生に教えてもらったことを胸に、弁護士道を全うしたいと思います。

|

« 読書日記4月9日 | トップページ | 桜が咲きました。 »

コメント

中村先生のご冥福をお祈り申し上げます。
とても人間味にあふれた素晴らしい先生だったのですね。

投稿: 某地方の弁護士 | 2015年4月10日 (金) 10時44分

 私が日弁連の委員会に行くことを自分のことのように喜んでくれていました。
 私が座長を務めたPTの冊子が本日手元に届いたのですが、中村先生に見てもらいたかったのですが、大変淋しい限りです。

投稿: 中隆志 | 2015年5月27日 (水) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/61413840

この記事へのトラックバック一覧です: 中村利雄先生とお別れしてきました:

« 読書日記4月9日 | トップページ | 桜が咲きました。 »