« 庭の盆栽の桜 | トップページ | 私の師匠の一人が亡くなられました »

2015年4月 3日 (金)

読書日記4月3日

「真紅の人」角川書店。蒲原二郎。
 真田幸村とともに戦った猿飛佐助を新解釈して書かれた長編。
 私の悪い癖だが、「真田幸村」と書かれた小説を見ると、つい購入して読んでしまう。
 この作品も本屋で偶々見つけてつい買ってしまったのである。
 大阪の陣を描いた作品は、「どうなるか」ということは結末が分かっているので興味の対象とならず、「どう描くか」というところが問題である。
 私にとって、司馬遼太郎の城塞と、津本陽が描く大阪の陣を越える作品は現れておらず、この作品もそうであった。
 歴史好きで真田好きであれば読んでもよいかもしれないが、そうでなければ読む必要はないだろう。

|

« 庭の盆栽の桜 | トップページ | 私の師匠の一人が亡くなられました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/61361140

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記4月3日:

« 庭の盆栽の桜 | トップページ | 私の師匠の一人が亡くなられました »