« 福知山花火大会引火事故被害者説明会のお知らせ | トップページ | 中村利雄先生とお別れしてきました »

2015年4月 9日 (木)

読書日記4月9日

「アメリカン・スナイパー」ハヤカワ文庫。クリス・カイル他。
 クリント・イーストウッド監督で映画化された主人公の自伝。
 すごいスナイパーであったかもしれないが、アメリカの正義が全ての正義と考えているところが私の感覚と違ってなじめなかった。

「細川ガラシャ」中公新書。安延苑。
 キリスト教に残る史料から細川ガラシャの実像に迫った新書。
 細川ガラシャについて残された史料は少なく、しかも史料の信憑性がどこまであるかということがスタートであったが、キリスト教側に残る史料から真のガラシャ像を描こうとした一冊。
 非常に丁寧に史料を引用して解説されていて、勉強になった。
 好著である。
 

|

« 福知山花火大会引火事故被害者説明会のお知らせ | トップページ | 中村利雄先生とお別れしてきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/61407627

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記4月9日:

« 福知山花火大会引火事故被害者説明会のお知らせ | トップページ | 中村利雄先生とお別れしてきました »