« 本日は東京に出張です | トップページ | 定期を忘れる »

2015年6月25日 (木)

本の購入

 弁護士稼業をしていると、調べ物をするために書籍を購入する必要に迫られる。
 この本ということで確定していれば、アマゾンで購入したり、紀伊國屋ブックウェブで注文する。
 また、定期的に弁護士会経由であったりファックス等で書籍の案内が送られてくる。

 内容的に、日常取り扱う分野の本であれば、出た時に買うようにしている。
 というのは、法律書というものは需要が限られているからその時に買わないと重版されないことが多く、市場で購入できなくなる可能性があるためである。
 事務所にも調べ物をするのに非常に活用している本と見るのは年に1回から数回という本、こういう事件が来た時のために買い置こうとして置いてあり開いたこともない本等があるが、いずれの書籍もこれから購入しようとしてネットで調べてみると在庫がなかったり、中古市場でたまたまあったとしても、プレミアがついて、5000円程度の本が2万、3万することも珍しくない。
 ということで本をせっせと買うのだが、たまたま近所の本屋に行くと非常にマニアックな本が置いてあったりして、マニアックではあるが、私が今している事件や事務所の事件でかなり使えそうであったりする。
 マニアックな本は、たいていかなり重たい本であるため、自宅から持っていくのも辛そうで、その場でスマホで検索したが在庫切れであったりするので、仕方なく近所の本屋でおそらく私以外は買わないであろう法律書を買っていたりするのである。
 そういうわけで、私の事務所は割合あらゆるジャンルの本が揃えてあり、また、たいていの事件はやっていたりするので、他の弁護士から問い合わせを受けて本を貸し出しすることもある(貸出簿がある)。

 ただし、本は法律事務所にとって財産であるため、二条界隈の弁護士であったり、かなり親しい人にしか貸しませんが。
 弁護士会に書籍が充実していればよいのだが、京都弁護士会の規模では限界もあるし、いざ手元で調べたいということもあるだろうから、即独する人のために、これは最低事務所に置いておいた方がいいという書籍なども一覧になっていると便利だろうと思うのであるが、おそらくそれだけ揃えるだけで相当な費用になるだろうから、そういう意味でも即独は大変だろうと思うのである。

この仕事をしている限り、本の山に埋もれて、調べ物をする日々が続くのである。

|

« 本日は東京に出張です | トップページ | 定期を忘れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/61778602

この記事へのトラックバック一覧です: 本の購入:

« 本日は東京に出張です | トップページ | 定期を忘れる »