« 志 | トップページ | 冊子・法律相談の再生のために »

2015年6月 1日 (月)

二代目小次郎

 我が家に二代目小次郎がやってきた。

 初代小次郎の墓もまだ建てておらず、非常に彼を迎えることについては悩んだ。

 犬と別れてもう二度と飼えないという人もいるし、もう少し間を空けるべきではないかという思いもあったし、それは今でもある。

 初代小次郎の世話をしているつもりでいたが、その実、私は小次郎によって生かされていて、面倒をあの小さな初代小次郎に見てもらっていたのだということを痛感するようになった。夜にウイスキーを飲んでいる時も、私の横で見ていた黒い瞳はもう居ないのである。

 犬は、自分が亡くなった後の飼い主の幸せだけを願っていて、早く次の犬を迎えてあげることが亡くなった犬にとっての幸せという考え方もあった。
 初代小次郎が亡くなって数日して、初代小次郎に似たパピヨンを毎日ネットで探して「かわいいなあ」と思っていた。それで心の隙間を埋めていたところがある。
 関西ではあまりパピヨンの子犬は居なかったが、たまたまこやつが京都に居たのである。そして、色も顔つきも亡くなった初代小次郎に似ているのである。

 誕生日も初代小次郎と近い3月ということもあり、見に行くだけと思ったが、本人に会うと、そうはならなかった。

 名前は結局、小次郎(二代目)とした。

 まだ初代小次郎は自宅の中でうろうろとしていると思うし、ひょっとしたらすねているかもしれない。あるいは、「新しい子が来たね。」と喜んでくれているかもしれない。

 初代小次郎のお骨に朝晩話しかけているが、話しかけていると二代目はいるものの、じんわりと涙がにじんでくる。44歳にもなって情けないが。

 今になって思うと、初代小次郎にああしてやればよかった、あんなことをしなければよかったなど、様々な思いがある。
 二代目小次郎には、初代にしてあげられなかったことをしてあげて、しなければよかったことはしないで行こうと思う。
 新しい犬を飼えない人からすれば、私がこうして二代目を迎えることは理解出来ないかもしれないが、二代目とお別れの日が来るまで、初代同様、かわいがってあげたいと思うのである。
1432606710639

|

« 志 | トップページ | 冊子・法律相談の再生のために »

コメント

か、かわいい・・。
ちょっと見るだけと思っても、
直接会ってしまうと、もう駄目ですよね・・。

小次郎くんは、きっと、2代目くんに、
「ご主人をよろしく頼むよ。大事にしてもらえよ」と言っていると思います。

投稿: | 2015年6月 1日 (月) 12時54分

2代目小次郎くん💖
良い出会いが会って良かったです❗
私も嬉しいです。
初代小次郎くんが召されて、中先生の悲しみが文面からひしひしと伝わり、心配していました。

乱暴な考えだと思いますが、犬の穴を埋めるには犬しかない‼
失恋を癒すには、新しい恋しかないように。
それが、現実だと思います。

2代目小次郎くん、ちょっと不安そうなつぶらな瞳がたまりませんな~😍💕

投稿: 三輪知子 | 2015年6月 4日 (木) 23時38分

2代目小次郎くん、中先生をよろしくお願いします。

投稿: | 2015年6月 8日 (月) 19時05分

 みなさんコメントありがとうございます。
 初代小次郎のことは全く忘れられず、朝と夜にお骨に話しかけております。
 初代小次郎に似たぬいぐるみも買って、お骨の横においてそやつの頭をなでてもいます。
 2代目小次郎は、ぽんわりした顔をしていたので油断していましたが、相当やんちゃで(初代小次郎もそうだったのかも知れませんが、なにせ13年前で忘れています)、たたんだ座椅子の背中から「とりゃー」とジャンプして走り回ってあちこちをガシガジ噛んでいます。
 大切に育てようと思います。
 

投稿: 中隆志 | 2015年6月10日 (水) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/61647383

この記事へのトラックバック一覧です: 二代目小次郎:

« 志 | トップページ | 冊子・法律相談の再生のために »