« 法科大学院生の逮捕 | トップページ | 読書日記8月26日 »

2015年8月25日 (火)

四十肩又は五十肩

 左の肩が痛い。
 何もしていないと痛くないが、上にあげると痛く、しばらく上げていると痛くなり、たとえば事務所の机で椅子を倒して仮眠をするのに、両手でイスの背もたれを両手をあげて持っていると、起きた時に左肩がかなり痛く、左手がしばらく痺れるという状態である。
 サッカーのPK戦の時に、肩を組んでいると左肩が痛いのである。

 9月で45歳になるので、四十肩ではなく五十肩なのであろうか。

 経験のある先輩弁護士に聞くと、「ある時突然治る」ということでその日を待っている。
 特に日常生活には問題がなく、以前40を過ぎた時に右肩が痛かったが今は痛くないので、そういうものだろうかと思っている。
 8月も終わりに近づき、怒濤のように裁判が入っている9月がやってくるが、肩が痛いのが現在困っていることである。

|

« 法科大学院生の逮捕 | トップページ | 読書日記8月26日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/62127378

この記事へのトラックバック一覧です: 四十肩又は五十肩:

« 法科大学院生の逮捕 | トップページ | 読書日記8月26日 »