« アップの小次郎(二代目) | トップページ | メールの宛先 »

2015年10月27日 (火)

思いつきで物をいう裁判官

 記録をよく検討もしないで、毎回の期日で深く考えもせずに、思いつきで物をいう裁判官がたまにいる。
 そして、次回期日では全く正反対のことを平気で言ったりするのである。

 こういう裁判官は、どういった判決を書くのか分からないので、双方の代理人が不安になる。変な判決を書かれるよりは、双方の代理人が通常の見識のある代理人同士であれば、和解してしまった方がいいと考えて和解することもあるが、それはこの裁判官が優れているからではなく、むしろ逆である。
 また、偶々自分に有利なことをいわれたことを記憶している代理人は、その思いつきの指摘に乗っかり、和解すべき事案でも和解ができなかったりする。

 その場その場の思いつきで事件に対して裁判官が意見を述べるのはいかがなものかと思うのである。

|

« アップの小次郎(二代目) | トップページ | メールの宛先 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/62553513

この記事へのトラックバック一覧です: 思いつきで物をいう裁判官:

« アップの小次郎(二代目) | トップページ | メールの宛先 »