« 読書日記10月14日 | トップページ | 電子書籍 »

2015年10月15日 (木)

連絡くらいして欲しいものである

 訴訟前に交渉していて、しばらく返事がないと思っていると、突然、依頼者から「裁判所から書類が届きました」という場合がある。

 私の場合は、交渉していて、その内容で交渉が難しく、打ち切りする場合には、交渉は打ち切らせていただくことと、訴訟提起することを相手に文書で連絡する。
 その上で、訴訟提起したら、相手方代理人にまた文書で連絡するようにしている。

 これが普通の礼儀ではないであろうか。

 私の方の依頼者からすると、交渉していたはずであるのに、突然裁判所から書類が届いて驚くことになる。
 私は、「私であれば連絡をするけど、中にはこういう弁護士もいます」と説明するが、やはり依頼者からすれば、何の連絡もなしに一方的に自分の中で交渉を打ち切り、訴訟提起されたことについて、更なる怒りが沸くようであり、話合いに適する事件でも和解しづらくなることもある。
 やれやれである。

|

« 読書日記10月14日 | トップページ | 電子書籍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/62474432

この記事へのトラックバック一覧です: 連絡くらいして欲しいものである:

« 読書日記10月14日 | トップページ | 電子書籍 »