« 裁判官のレベルの低下 | トップページ | 読書日記11月24日 »

2015年11月20日 (金)

事件を進めていく中での不安

 事件を進めていく中で、「こうである」と自信満々で最初に考えた筋から離れようとせず、自分の主張に固執する弁護士がいる。
 ただ、えてしてこういう弁護士は、こうであるという筋が、事実のレベルで主張していてもよくその話が分からなかったり、法的な整理を裁判所から求められるとふにゃふにゃしていることが多いことも事実である。

 事件を進めて行く中で、進行具合に応じて、「ああでもない」「こうでもない」「こういう立証が追加で考えられるのではないか」など考える弁護士の方が本来的には優秀であると思うのであるがどうであろう。
 事件は生き物であるから、相手の主張によって対応を検討しなければいけないこともあるし、依頼者が知らなかったか、知っていたが重要ではないと思い黙っていたが、実は重要な事情が隠れていることもある。もちろん事情聴取で聞き取りはするのだが、神ならぬ身であるし、依頼者が情報を持っているため、漏れていることもある。

 こういう弁護士は昔から居たし、今もいるのだが、それが虚勢で言っているのか、無理なことは分かっているが和解のために言っているのか、依頼者との関係でやむを得ず主張しいるのか、本気でそんな筋を信じているのかはこちらからは見えないので、淡々と事件を進めていくしかないところである。

|

« 裁判官のレベルの低下 | トップページ | 読書日記11月24日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/62700975

この記事へのトラックバック一覧です: 事件を進めていく中での不安:

« 裁判官のレベルの低下 | トップページ | 読書日記11月24日 »